パソコンとプリンターで名刺は作成できる

名刺4

『名刺が欲しいけれど業者に頼むほどではない』と考える方にピッタリなのがパソコンとプリンターを使って自宅で作成をすることです。難しい作業は必要ないため、それらの機器をすでに持っているのなら気軽にチャレンジしてみましょう。

文字やイラストなどのデザインを少し工夫をすれば、自宅でオリジナルの名刺を作れるはずです。

関連:お家やコンビニ?それともお店?名刺の作成方法のメリットとデメリット

名刺用のプリンター用紙を活用しよう

一般的な家庭用のプリンターでは、名刺サイズの用紙は印刷ができないようになっている場合が多いです。しかし、A4サイズの名刺用のプリンター用紙が販売されているため、家庭での印刷を諦める必要はありません。A4では名刺として大きすぎると考える方もいるでしょうが、そのまま使うわけではないので安心しましょう。

A4の用紙に何枚分も印刷して、それを切り取ることで普通サイズの名刺として利用するのです。なお、切り取るのが面倒だと感じるかもしれませんが、切れ目が入っているので、わざわざハサミやカッターを用意する必要はないです。

道具なしで手で切り離せるようになっているため、普通サイズの名刺を簡単に手に入れられます。

プリンター用紙を買いにいってみよう

名刺8

名刺用のプリンター用紙はオンラインショップでも取り扱っているため、購入するのはとても簡単です。しかし、初めて名刺を自作しようとしているのなら、オンラインショップではなく実店舗での購入をおすすめします。大きめの家電量販店ならば、取り扱っているところがたくさんあるので店頭をチェックしてみましょう。

パッケージ越しでしか見られませんが、それでもオンラインショップの写真よりも多くの情報を得られます。例えば、表面の質感や紙の白さなどを確かめられるので、いろいろなプリンター用紙を比較してみましょう。ちなみに、家電量販店によっては質感をチェックできるように店頭に印刷した名刺が展示されている場合もあります。

手に取ってみることもできるので、触感も確かめてみるとよいでしょう。なお、プリンター用紙を購入するのなら、必ず厚さを確かめなければいけません。薄いものを購入してしまうと、いかにも『家庭用プリンターで印刷をした』という仕上がりになってしまうので気をつけましょう。

また、薄いものはフニャフニャして、取り扱いが大変なのも知っておかなければいけません。もし、立派な仕上がりや実用性を求めるのなら、ある程度の厚さがあるものを選んだほうが満足できるはずです。厚さについてはパッケージに記載されているので必ずチェックしましょう。

メーカーの公式サイトを訪れよう

ベストなものを購入できたのなら、あとは名刺作成に取りかかるだけです。しかし、プリンター用紙の切り目に合わせて、ピッタリとデザインするのはかなり難しいでしょう。少しずれただけでも不格好な名刺ができあがってしまうため、せっかく作っても配ることが難しくなってしまいます。

その問題を解決してくれるのが、プリンター用紙を販売するメーカーが提供してくれるアプリケーションです。利用すれば切り目に合わせてピッタリと印刷できるようになるため、わざわざ自分で位置を調節する必要がなくなります。

メーカーの公式サイトを訪れれば、ダウンロードできるので保存をしてパソコンにセットアップをしましょう。ほとんどの場合、無料で配っているため別途費用を取られることはありません。ちなみに、メーカーによっては、スマートフォンで利用ができるソフトも用意してくれています。

そちらがあればパソコンすら必要ないので、携帯端末しか持っていないのなら利用を考えましょう。パソコンで作成するのと同じデザインが可能なため、満足できる名刺をゲットできます。ただし、プリンターにWi-Fi機能が付属していなければ使えない可能性があるので、デザインが無駄にならないためにも最初に利用の可否をチェックしておきましょう。

関連:来店効果を狙うなら地図入りの名刺作成がおすすめ

テンプレートを活用しよう

名刺のデザインが難しく感じるのなら、テンプレートが配布されていないか確かめましょう。テンプレートがあれば、文字を入れれば完成なので、簡単に格好よかったり可愛かったりする名刺を手に入れられます。テンプレートがたくさんありすぎて迷うかもしれませんが、じっくりと考えて誰に配っても恥ずかしくないものを作り上げましょう。

もちろん、すべてのプリンター用紙を同じデザインにする必要はないので、いくつかのテンプレートを試してみることもできます。画面上と実物とでは違いがあるかもしれないため、間違いたくないならいろいろなテンプレートで作ってみましょう。

なお、デザインが苦手だと最初から分かっているのなら、プリンター用紙を購入する前にテンプレートを調べてみるのもおすすめです。好きなデザインのテンプレートを見つけてから、そのメーカーが販売するプリンター用紙を購入するのも賢い選択です。

もちろん、ソフトはプリンター用紙を購入していなくてもダウンロードできるため、実際に名刺を作ってみるのもよいでしょう。

プリンターを設定しよう

名刺を印刷するのなら、プリンターの設定は完璧に行わなければいけません。ソフトのマニュアルに設定方法が記載されているはずなので、きちんと読み間違えないようにしましょう。カラーやサイズなどを異なった設定にしてしまうと、パソコン上のデザインとはまったく違ったものが完成してしまいます。

なお、いきなり何枚も印刷するのではなく、まずは試しに一枚だけ印刷してみることをおすすめします。完璧な印刷ができたのなら必要な分だけ印刷しましょう。もしも、駄目だったのなら失敗したものを何度も使って完璧に印刷できるまで調整すれば、プリンター用紙を無駄にしなくて済みます。

名刺サイズに対応したプリンターもある

A4サイズのプリンター用紙で印刷すると、切り離した部分が分かってしまうため、仕上がりに納得できない場合もあるでしょう。そのときは、名刺サイズに対応したプリンターの購入を考えたほうがよいです。A4サイズではなく名刺サイズのまま印刷ができるため、切り離した部分が気になることはありません。

なお、名刺サイズに対応したプリンターが欲しいのなら、メーカーのサイトで調べるのが一番です。各製品の紹介には対応する用紙が載っているので、そこに名刺サイズがあれば安心して購入できます。本当に印刷できるのか心配なら、メーカーに電話して名刺を作成したいことを伝えましょう。

もしも、購入予定の製品では無理だったとしても、ほかの適切なプリンターを教えてくれるはずです。